20150216_01

無償のマインドマップ作成ソフトFreeMindを存分に利用しているけど、困るのが書き散らかされたファイルの管理。
「あれどこに書いたっけ?」ということが起きるようになったので、検索するユーティリティを書いてみました。

20150209_illusionふなっしーが、着ぐるみの縫い目や留め位置をそう表現したことで、一気に認知されたイリュージョン。

理屈的には、どんな着ぐるみにもイリュージョンはあるはずだし、実際ウルトラマンにだってイリュージョンは平気であった。

ただし敵(?)も然る者。

着ぐるみ作成技術は日に日に進歩し、イリュージョン隠しは巧妙に。もはや覗き穴がどこかすらわからない。

これは、そんなイリュージョン探しに情熱燃やす、熱き若者たちの物語であーる。

『ターゲットはアメリカ黒ネズミのイリュージョンだ!』

RonaldMcDonald最寄りのマクドナルドにいった。土曜日の午後だというのに他に客の姿はなく、いつもは子供たちが順番待ちをしている遊具も、今日はただうすら寒い。

店内に入ると、ドナルドが寂しげな笑顔でお出迎え。手にしたおもちゃを熱心に選ぶ子供もいない。

ドナルドがテレビCMに出なくなって久しい。今の子供たちは、この親しみやすいとはいいがたいピエロの名を知っているのだろうか。ハンバーグラーやビックマックポリスのことは。

マクドナルドには売り上げの減少や異物混入(とその対策)など、最近は暗い話題しか聞こえてこない。

その度に企業キャラクターというのは大事なんだなと思う。自らの行動の規範や誰を向いて仕事をしなくてはいけないか示してくれるものだから。

例えば、ケンタッキーフライドチキンからカーネルサンダース像がなくなったら、ディズニーランドからミッキーマウスがいなくなったら。

英雄待望では財務の問題も、品質の問題も解決しない。

でもドナルドがさっそうと帰って来てくれたら、ちょっと応援してしまいそうだと思っている。

『ノッティングヒルの恋人』、『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督作品とあれば観ねばなるまい!

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

イギリスの田舎町コーンウォールに住むティムは奥手な性格が災いし20年間彼女なし。その年の大晦日もさえない失敗ばかり。しかし翌朝、父から告げられた一族の男子の秘密の能力タイムトラベルによって、彼女づくりに奮闘するが…

Read More →