雑誌としては今年最後かな。ビジネス雑誌じゃないノリに期待。

特集自体は2折32ページ。トップはジブン手帳とmonoらしさ炸裂?!(実は編集長が愛用者らしい)

ロフトのワナドゥ(ログ系手帳)に3ページ、県民手帳に4ページ、他出版社ディスカバー21の手帳に2ページ使ったりと、他誌には見られない構成で、著名人インタビューや利用者事例紹介といった“足で稼ぐ”ことを一切しない編集方針も気にならなかった。

全体的に残念なのが、手帳紙面の写真が小さく色調も薄いのでレイアウトが確認できないこと。ここら辺は手帳特集をする年季の違いか。

動機付けも、展望も、方針もない特集ながら、monoらしい内容だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation