『ノッティングヒルの恋人』、『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督作品とあれば観ねばなるまい!

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~

イギリスの田舎町コーンウォールに住むティムは奥手な性格が災いし20年間彼女なし。その年の大晦日もさえない失敗ばかり。しかし翌朝、父から告げられた一族の男子の秘密の能力タイムトラベルによって、彼女づくりに奮闘するが…

前半は、「ああ恋愛ではこういうことやらかしちゃうよね」という男女ともこっそりニタニタする展開。もちろん実際にはテイク2なんてないけど。

後半は一転、特に父子の愛情に焦点を当てた温かい展開に。

良質な、とても良質な映画なんだけど、もう少し映画的な展開、たとえば彼女にタイムトラベルの能力がバレそうになるとか、能力と引き換えになにか壮大な奇蹟がおきるとか、主人公の息子がタイムトラベルで主人公を助けてくれるとかあればよかったかも。

俳優陣は特にレイチェル・マクアダムスが表情豊かで良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation